2006年07月29日

真夏ですよ〜

1154213022464372.jpg君達この暑いのにくっついて過ごすなんて、なんて仲良い姿なんでしょう。

 

いやいや、こうなるには飼い主が休みで一緒に過ごす時間が長くないとダメなのです。

 

私は仕事でしたが、奥さんがお休みで1日中相手してくれていたので、今日の夜にはくっついて過ごしても平気なくらい平和な状態が続いています。

 

こういう姿を見ると平日長い留守番に耐えてもらっている心苦しさを感じます。留守番を覚えてもらう事も大切なことでしょうが、やはり仲良くしている姿の前では、飼い主として許されるのかどうか悩んだりすることもあります。平日も休日と同じように過ごすことができれば、また違った2頭の関係が出来上がるのかななんて考えたりもします。

 

そう悩んでみても生活を変えられるわけではなく、これからも同じような生活パターンが続きます。悩んでる場合ではないですね。

 

頑張れ自分。

posted by しゆう at 07:43 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ウチも長時間のお留守番してもらってます。ウチも飼う時、お留守番が一番心配だったんです。でも、ブリーダーさんのお話では・・・小さい頃からそういう状況で過ごしていると、『そういうもんだ』って、状況判断するんですって。お休みの時は十分時間をかけて遊んであげています。お互いに仕事があってこそワンコちゃんも飼えるのですから奥様とワンコちゃん達の為に、頑張りましょうネ☆
Posted by キャラメル at 2006年07月30日 22:33
 しゅうくんの気持ちとてもよく理解できます。Lomineも他の飼い主だったら、もっと幸せだったのかも知れないと感じる時があります。しかしながら、悩んでいる暇なんかありません。これもある意味ではTokky and Lomineの縁であり運命なのだから、現状の中でLomineにしてあげられることを精一杯してあげるしかないと思っています。 先日知り合いの方に、ブログを始めた頃のLomineの写真と今のLomineとでは随分変わりましたね、と言われました。そうです、Lomineは飼い主が想像する以上に早く年月を重ね成長しているのです。それだから一層、色々な障害はありますが、Lomineには満足のいく生涯であってほしいと願って止みません。
Posted by Tokky at 2006年07月30日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
jdwz