2005年10月26日

泰造を選んだ理由

1130315478880745.jpg泰造が我が家にやって来て8ヶ月が経過した。泰造が我が家にやってきた事を思い出してみる。

 

当然犬を飼うにあたって犬種を決める事から始める。私はビーグル一筋、奥さんはミニュチュアダックス一筋の状態から始まる。

 

それぞれの犬種について調べてみた結果、それぞれの特徴は・・・・。

ビーグル

人なつっこい、陽気、吠えた時の声が大きい、元気、病気知らず、毛がよく抜ける、耳が長い、日本で12番人気(前後)、元々は猟犬(ウサギ)

ミニチュアダックス

胴長短足、ヘルニアになりやすい、吠える声が大きい、比較的よく吠える、飼い主に従順、値段が高い、日本で1番人気、元々は猟犬(アナグマ)

 

どちらも同じ系統なので結構特徴は似ている感じ。やはり姿形が大きなポイントとなりそうである。

私は一緒に走り回りたいため、胴長短足ではどうにも限界がある。奥さんはどうしてもミニチュアダックスの見た目が好きなので譲らない。平行線のまま話は進んだが、結局世話をメインでするのは私のため、ビーグルということで話は落ち着いた。

 

今度はどこで買うのかである。インターネット全開で検索しまくる。やはりペットショップが見やすいので何軒か回ってみた。可愛い子を見つけたが、私はペットショップでは色々と弊害が多いという情報をネットから頭にインプットされていたので、どうしても踏み切れない。それならばブリーダーから探すことにしてペットショップは考えないことにした(私の中でだけ)。

ブリーダー探しもネット全開、愛犬の友全開で探しまくった。これはと思うブリーダーに問い合わせるが、ビーグルはしばらく生まれない予定と言われ、譲れる子ができたら連絡をもらうようにして、別なブリーダー探しを続行。そして泰造の生まれたブリーダーと出会うことになる↓http://homepage3.nifty.com/kennel_snakewood/

 

まずは譲っていただける子がいるかどうかを確認しないと話は始まらない。メールで問い合わせてみると、2匹の男の子がいるという。私たちは男の子を探していたので、よしよしと思い写真を送っていただいた。すでに生まれてから2ヶ月近かったので、けっこう大きい・・・奥さんは一瞬声を失っていたような気がする。写真にはとても大きい子と普通の子が写っていて、奥さんは普通の子の顔を気に入ったようである。私は性格重視なので、見た目はどちらも可愛く見えた。よし、見に行くだけ見に行こうとなりブリーダーにアポイントをとり、見に行ってみた。実物は可愛い写真では伝わらない可愛さがそこにはあった。さらに普通の大きさに見えた子も十分大きい。ペットショップの2ヶ月の子とはまったく比べ物にならないくらい大きい。こんなにも違うものかとびっくりした。父犬、母犬も見せてもらい色々と説明を受けたが、舞い上がっていてほとんど耳を素通りしていた。
とりあえずその日は相談してまたご連絡すると決め、ブリーダーを後にする。

自宅で相談が始まる。私はおっとりしているというでかい子が良いと思うが、奥さん的にはでかい子は有り得ないそうである。見た目が絶対に受け入れられないらしい。小さい子は好みの顔ぴったりなので問題ないとのこと。う〜ん、性格がおっとりの方が飼いやすいと思うが、奥さんの言う見た目の事にも納得してしまう。さらに値段もでかい子の方が安い、生き物を値段で見るなと言われるかもしれないが、現実的には値段は大きいのである。これは今回は見送って次の子を待つかなぁ〜と思いブリーダーに相談してみた。すると小さい子の値段を下げてくれるそうである。おぉ〜これはもう運命の出会いなんだと思い込み、小さい子に決定となった。それが泰造である。

我ながらなかなか思い切った決断だった。でも今の泰造を見ていると決断に間違いは無いと思う。
posted by しゆう at 17:31 | Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
ペットショップで売られてる仔犬は、僕もスヌーブを見に通う中で、ペットショップの裏側を知り、買おうとは思いませんでした。成長を遅らす為ごはんを減らしたり、あのケースの中にいて良い事は、トイレのしつけが入る事ぐらいと知りました。ユウコのお姉様に聞きましたが、関東の方では有名な犬舎やビーグル専門の犬舎が多くあると聞きました。関西ではビーグルはあまり人気がなく、個人でやってるところぐらいしかなく、ナッティも岐阜県からやってきました。何基準で選ぶかは自由ですが、やはり健康なのが第一に思います(顔と雰囲気で選びましたが)。今思えば、破壊活動しない、ひ弱そうな仔犬を探してた頃が懐かしく思います。
Posted by ゴッティ☆プロフェッサー at 2005年10月27日 14:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
j4vc