2007年12月17日

ご心配をおかけしました

泰造が耳をちょっとしたハプニングで負傷しておりましたが、ほぼ復活し

ましたので、ここでご心配をおかけした方がへの報告と、こんなこともあ

ったねという記録のために日記書いておこうと思います。

 

怪我の具合は耳の先が少し裂けまして2針縫ったくらいでした。

縫う時って麻酔しないんですね〜。さすがの泰造も先生に対して、この

野郎って感じでワホォンと吠えてました。

 

1197901664890840.jpg
2針縫った耳(表)
 
1197901680397896.jpg
2針縫った耳(裏)
 
1197901719261629.jpg
復活後の耳(裏)
 
1197901735222418.jpg
復活後の耳(表)
 

写真でわかるように、耳もくっついてくれまして復活となりました。

怪我して一週間後に清里行きましたが、元気にビーグル達と走り周って

いましたので、怪我する前とまったく変わった様子はありません。

 

抜糸の時に主治医の先生も、耳と鼻は血が出やすいからね〜なんて

言ってきて、そうそう血の量が多くてびっくりしましたと笑いながら会話

して治療完了となりました。

 

ご心配おかけしましたが、泰造完全復活しております。

また皆さん一緒に遊んでやって下さいね〜。

posted by しゆう at 23:28 | Comment(8) | 日記
この記事へのコメント
泰造くん、治療がんばったんですねぇ。。。お耳、痛々しいけれど、こんなにきれいに治って。本当に本当によかったです。やっぱり泰造くんってサンディーとダブるところがあり肩入れしちゃうとこあります。昨夜、コメント入れようとしたらエラーでした。ん〜、ペログーさん不調なんですかね〜。
Posted by サンディーママ at 2007年12月19日 10:46
本当に本当にすみません。こうやって傷を見ると、改めて胸が痛みます。しかも、麻酔なしなんて・・痛かったよね、泰造くん、ごめんね。。。きれいに治ってくれたことが救いですが、泰造くんが痛い思いをしたことは消せないですし。ただ、謝ることしか出来なくて、申し訳ないです。ムクの方は、犬恐怖症みたいになってきている感じがして、頭を悩ませています。一度しつけの先生に相談してみる予定なんですが・・
Posted by まゆむく at 2007年12月19日 15:49
>サンディーママさん写真では痛々しそうですが、本人(犬)は縫った後すぐに、待合室で一緒に待っていた犬と遊ぼうとしていたくらいですので、あまり気にしてなかったようです。泰造らしいっちゃ泰造らしいですよね。ペログーは年中無休で不調のようです。よくここで我慢しているなと、最近自分に感心しています。
Posted by しゆう at 2007年12月19日 20:34
>まゆむくさん気にされるかと思い、日記にするの自重しておりました。全然気にされなくて平気ですよ。何度も謝ってくださってこちらこそ恐縮です。ムク君の様子が気になりますね。人間には普通なんですよね?まゆむくさんがムク君に何かやろうとして、断固拒否される事ってありますか?どんな行動を好み、どんな行動を嫌がるのか観察していると結構面白いですよ。まずは悩むよりムク君は何を考えているのかな〜って気楽にじっくり観察すると何か見えるかもしれませんよ。あぁーそういう事ってのが何度か泰造にもありました。
Posted by しゆう at 2007年12月19日 20:38
祝!!復活〜!!とってもキレイに治りましたね。新陳代謝が盛んなのね、きっと。若いって素晴らしい〜(^_^)泰造君、がんばったね♪昨夜、コメント拒否られまひた(+_+ゞナジェ?が、ワタスだけでは無かったのですね〜。
Posted by あみ蔵の母 at 2007年12月19日 22:37
キレイに治りましたねー良かったです!泰造くん、傷は男の勲章だよ♪耳と鼻は血が出るんですね(メモメモ)うちの実家の猫は喧嘩して目の上をばっさりやられて何針か縫ったのですが、やはり麻酔なしでしたねーそしてニャン相が変わってしまいました^^;
Posted by ハルクママ at 2007年12月19日 23:02
>あみ蔵の母さんおかげさまで思ったより綺麗に治り、意外と治るものなんだなと他人事のように思ってしまいました。まあ怪我とかしても元気ならそれで良いですけどね。怪我は生きていればするものでしょうし、飼い主として気をつけはしますがそんなに気になりませんでした。ペログーはシステム改善すると言って、既に2ヶ月が経過しています。改善すると言ってからシステム開発したのでしょう。それまで改善する気が無かったのかと怒り気味です。
Posted by しゆう at 2007年12月21日 09:02
>ハルクママさん本当に男の勲章ですよ。泰造童顔なので、少し風格漂わせるためにもちょうど良いかな、なんて・・・。耳と鼻は血管が多数通っているので、血はドバドバ出るものなんだよと笑顔で先生が教えてくれました。ドバドバ出ている割りに軽症ってことも多いようです。重傷でドバドバ出ることも当然あるので、病院に行った方が良いとは思いますが・・・。猫は怪我多いですよね。昔飼っていた猫もボロボロになって帰ってきた事がありました。今は飼い猫は外に出すなってのが主流になりつつあるようですね。私は平気で出してしまっていました。
Posted by しゆう at 2007年12月21日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
uckp